海底から脱出せよ!映画海底47mのあらすじとネタバレ感想

f:id:takkita411:20190912162447p:plain

 海底47mのあらすじ

恋人に捨てられたリサは妹のケイトとともにメキシコ旅行に来ていました。

ハメを外していた彼女たちは現地で知り合った男たちにケージ・ダイビングに誘われます。

それはケージの中に入り、撒き餌で寄ってきたサメを見るというとても危険なものでした。

気の乗らないリサをなんとか説得したケイトたちは、ケージごと海に飛びこみ興奮気味にサメの鑑賞を楽しみます。

しかし、いざ戻ろうとするとケージを支えていた支柱が折れてしまい、海底47mまで落下してしまいます。

水深が深すぎて無線が届かないためケイトは浮上して助けを呼びます。すると船長のテイラーが呼びのケーブルで引き上げてくれることになります。

安心する二人でしたが、刻一刻とボンベの酸素は減っていきました。

そして、ケージの周りにはサメがリサとケイトたちを今かと今かとうろついているのでした。

途中サメに襲われながらもなんとかケージをケーブルにつなげたリサたちでしたが、予備のケーブルも切れてしまい再び海底へと落下してしまいます。

しかもさらに悪いことにリサはケージと海底の間に足を挟まれてしまいます。

ケイトはテイラーに酸素がないことを伝え、船から追加のボンベを落としてもらいます。しかし、ボンベを取りに行くためにケージの外に出るとサメに襲われてしまいます。

ケイトは重傷を負い、周りにはサメが集まってきます。

リサは浮上し自分で助けを呼ぶ決意をします。

結末ラスト

リサは潜水病にならないよう慎重に海面に浮上していきます。

水面まで上がりかけたその時、サメからの攻撃を受け海に引き戻されます。

必死に抵抗し、船に上ることができたリサはそこにケイトがいることに気づき喜びます。

しかし、それらは全て酸素ボンベの窒素を吸ったことによる幻覚でした。

リサは救助隊に助けられますが、まだケイトを探しているのでした。

海底47mのネタバレ感想

あまりダイビングをやったことない人間からすると海底47mというのは全く想像がつかないのです。

海底2万マイルというディズニー映画がありましたが、それに比べると47mか。。。。と少し肩を落としてしまいますが、体験ダイビングでせいぜい5mくらいしか潜らないことを考えると47mというのはそこそこ深いらしいです。

ただ、この47mというのが妙にリアルなおかげでパニック映画に大事な”切迫感”につながります。

いわゆる”窒息もの”

パニック映画としては、見る前はサメ映画かと思いきや、完全に”窒息もの”でした。

窒息ものは多くは箱に入れて土中に埋められたりするものが多く、海での窒息ものはありそうで無かったので結構珍しく、楽しめました。

サメ映画として見ごたえあり

最近サメ映画と言えば、竜巻に乗ってきたり、戦艦ぐらい大きかったり、タコと合体してたり、頭が3つあったりと「サメって。。。(笑)」という作品ばかり見ていました。

方やMEGのような中国万歳のアクション大作が出てきたりと何かとサメ映画業界は鎮まることを知らない業界でした。

www.horrorxzombi.com

その点海底47mは登場シーンこそ少ないものの立派なサメ映画です。

サメ映画好きにはたまらない作品となるでしょう。

ストーリーは普通

映画としては大変満足できるもので良くも悪くも普通の映画でした。

ワクワクドキドキというシーンもあるし、ラストに窒素で妄想を見ることになりますが、それ以外はとんとん拍子に物語が進むことになります。

最後に

映画海底47mはサメ映画として、パニック映画として安心して見れる作品です。

パニック映画好きなら一度は見て損はない作品だと思います。

また、ダイビング好きな人には人一倍その怖さが楽しめる作品のはずです。